粉瘤・脂肪種

粉瘤とは?

神戸 粉瘤・脂肪種の日帰り手術|つねみ医院

神戸で粉瘤・脂肪種の日帰り手術を行うつねみ医院です。
粉瘤とは、皮膚の下に生じた袋に、皮脂・角質が溜まり、丸い腫瘍となったものです。
良性であり、身体のどこにでも起こり得る病気です。背中、首まわり、顔での発症が比較的多くなります。
ほんのりと青黒い色を帯びることがあります。
放置していると、だんだんと大きくなります。

粉瘤の原因

外傷や打撲をきっかけとしたり、にきび跡にできることもありますが、多くは原因不明です。
表皮が内側にめり込んで袋が生じ、そこに皮脂・角質が溜まって形成されます。

粉瘤の治療

神戸で粉瘤の治療ならつねみ医院へ

小さいもの、炎症の程度が弱いものであれば、抗生剤や抗炎症剤の投与で経過を観察することもあります。
ただ、根本的な治療のためには、局所麻酔での手術が必要になります。

粉瘤の日帰り手術を行っております

神戸のつねみ医院では、局所麻酔での粉瘤の日帰り手術に対応しております。
紡錘状の切開を加えて袋ごと取り除く「切開法」にて手術を行います。
一般に、切開法は再発が少ないと言われています。
腫瘍が大きくなると傷痕も大きくなるため、気になったときには早めにご相談ください。

粉瘤は再発することがある!?

粉瘤は、手術を行って袋ごと除去しても、再発することのある病気です。
特に、感染を起こしている場合には、袋が破れてしまったり、溶けてしまったりして皮膚の下にその一部が残り、再発の原因になることが少なくありません。
ただ、近年では再発率も低くなってきておりますので、安心して神戸のつねみ医院までご相談ください。

脂肪腫とは?

脂肪腫とは、皮膚の下に発生する、脂肪の塊です。
良性であり、身体のどこにでも起こり得る病気です。放置していると、次第に大きくなります。
脂肪腫が形成されても、その部位の肌の色は変わりません。

脂肪腫の原因

脂肪腫は、脂肪を蓄えた細胞の増殖によって発生します。ただし、なぜそういったことが起こるのか、はっきりしたことは分かっていません。

脂肪腫の治療

脂肪腫の治療なら神戸のつねみ医院へ

原則として、手術による治療が行われます。

脂肪腫の日帰り手術を行っております

神戸のつねみ医院では、局所麻酔での脂肪腫の日帰り手術に対応しております。
皮膚を切開し、脂肪腫を取り除きます。
腫瘍が大きくなると傷痕も大きくなるため、気になったときには早めにご相談ください。

TOPへ