胃カメラ

当院の胃カメラ(胃内視鏡検査)の特徴

神戸・神戸市で痛くない胃カメラならつねみ医院

「胃が痛い」「なんとなく胃の調子が悪い」「黒っぽい便が出る」といったとき、どんな病気なのだろうと心配になるかと思います。症状が気になる方、診察の中で病気が疑われる場合には、胃カメラ検査をおすすめします。
日本人に多い胃がんも、早期であればあるほど、治療の成果が期待できます。また、近年ますます注目が高まるピロリ菌も、慢性胃炎や胃がんなどの原因となると言われています。
神戸のつねみ医院では、気軽に受けやすい・精度の高い胃カメラ検査を実施しておりますので、どうぞご安心の上、ご相談ください。

1、初診当日の検査が可能

1、胃カメラ初診当日の検査が可能

朝食を抜き、お水・お茶のみでお過ごしいただけているのであれば、初診日当日に、そのまま胃カメラ検査を実施することも可能ですが、検査のための準備がございますので、受診日にご希望の方は、事前に(当日午前中に)お電話でお問い合わせください。スムーズに胃カメラ検査をご案内できるように努めております。

2、ご希望に応じて鎮静剤を使用

2、ご希望に応じて鎮静剤を使用―負担の少ない胃カメラ検査が可能

負担の少ない胃カメラ検査が可能
ご希望に応じて、鎮静剤を用いた胃カメラ検査を行います。半分眠ったような状態で、ほとんど何も感じないままに検査を終えられます。
嘔吐反射が出やすい方、胃カメラ検査を初めて受ける方、以前受けた胃カメラ検査が苦しく不安という方におすすめです。

なお、鎮静剤を用いた場合には、当日中の車・バイク・自転車の運転はできませんのでご注意ください。

3、内視鏡専門医による精度の高い胃カメラ検査

3、内視鏡専門医による精度の高い胃カメラ検査

神戸のつねみ医院では、日本消化器内視鏡学会の消化器内視鏡専門医である院長が胃カメラ検査を実施します。
豊富な経験と確かな技術に支えらえた、より高精度の胃カメラが可能です。

4、高精度な内視鏡検査システムを導入

4、高精度な内視鏡検査システムを導入

オリンパス社製の内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE)を導入しています。
特殊な光の当て方によって粘膜の状態を細かく強調するNBI(狭帯域光観察)の技術を搭載しているため、観察深度がさらに向上しており、より小さな病変も正確に発見することができます。

5、リカバリールームあり

6、リカバリールームあり

鎮静剤を使用した場合は、検査後は意識がはっきりするまで、30分〜1時間ほど院内のリカバリールームでお休みいただけます。その後、結果説明を行います。

このような方に胃カメラ(胃内視鏡検査)をおすすめします

このような方に胃カメラ(胃内視鏡検査)をおすすめします

上記のチェック項目に1つでも該当する方は、胃カメラ検査をおすすめします。

胃カメラ(胃内視鏡検査)で見つかる病気

など

胃カメラ検査では、食道、胃、十二指腸の粘膜を内視鏡により直接観察することで、外からでは難しい、病変の早期発見が可能です。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の費用

※3割負担の場合

初診料+血液検査の費用 2,000~3,500円
胃カメラ検査 約4,000円
細胞検査の追加 4,000~7,500円
合計 約6,000~15,000円

胃カメラ(胃内視鏡検査)を受ける前の注意事項

検査前日

  • 夕食は21時までにお済ませください。
  • アルコールはお控えください。
  • 夕食後は、絶食となります。ただし、お水、お茶は通常通り摂っていただいて結構です。

検査当日

  • 前日から引き続き絶食のまま、ご来院ください。お水、お茶は摂ってくださって構いません。
  • 身体を締め付けない衣服でお越しください。
  • 鎮静剤を使用した場合には、当日中は車・バイク・自転車の運転ができません。
    ご来院・ご帰宅の際には、公共交通機関またはご家族の運転する車などでお越しください。

服用中のお薬について

  • 検査を実施する前には、他医療機関で処方したものを含め、現在服用しているお薬をすべて把握する必要があります。お薬手帳または服用中のお薬が分かるものをお持ちください(お薬を持ってきていただいても構いません)。
  • 特に、抗血栓薬(血液をサラサラにする薬)は、組織検査やポリープ切除などの検査・処置の内容によっては、休薬が必要なことがあります。ご使用されている方は、必ず事前にお申し出ください。「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」に準じた判断をいたしますので、ご自身では判断しないよう、お願いいたします。

胃カメラ(胃内視鏡検査)の流れ

1検査前日

検査前日

夕食は21時までにお済ませいただき、その後絶食です。お水、お茶は通常通り摂ってくださって構いません。
なお、アルコールはお控えください。

2検査当日の朝

検査当日の朝

起床後、引き続き絶食です。お水、お茶は摂ってくださって構いません。
普段の内服薬は早朝に飲んでください。
※内服薬については受診時、もしくは電話で事前に詳しくお伝えしています。

3ご来院・検査開始

ご来院・検査開始

ご来院後、体調や内服薬などの最終確認を行い、消泡剤を飲んでいただき、胃の中の泡を除去します。
ご希望の場合には、鎮静剤を使用いたします。
準備が整えば、検査を開始します。検査時間は、5~10分程度です。

4検査終了

検査終了

検査後、結果が出るまでお待ちいただきます。
鎮静剤を使用した場合は、リカバリールームでゆっくりとお休みいただきます。

5結果説明

結果説明

準備が整えば、検査結果の説明を行います。一緒に画像をご覧いただきながら、丁寧に説明いたします。
ご不明の点がございましたら、遠慮なくお尋ねください。

胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けた後の注意事項

  • 鎮静剤を使用した場合には、当日中の車・バイク・自転車の運転ができません。公共交通機関をご利用いただくか、ご家族にお車でお迎えに来ていただくかして、ご帰宅ください。
  • 検査後1時間は、飲食をお控えください。また検査当日は刺激物、アルコール、炭酸飲料は避けてください。
  • 組織検査を受けた人は検査後2~3日、刺激物、アルコールをお控えください。(出血の原因になります)
  • 胃に空気を入れるため、検査直後はお腹が張ります。次第に治まっていきますのでご安心ください。
TOPへ